ClLHumzUsAA3Tx3

偉大なる夏目漱石の作品の一つ「それから」。
これは1909年、今から100年以上も前に書かれた小説です。

あらすじを簡単に説明しますと、あるニートが人妻に恋をする。というなんとも図々しい主人公がおりなすラブストーリーです。

ただこちらの禁断の愛はさておき、私が印象的だと感じたのは主人公のニートとしての姿勢と仕事に対する思想です。

なかでも印象的なシーンは、「仕事」に対する思想を旧友と議論するシーン。
登場人物は2人。
まずは主人公のニート長井。金持ちの家庭で育ち、アラサーになっても仕事をせず親の仕送りで生活しているお坊ちゃまくん。
もう一方はその旧友、前職で失敗し再就職先を求め、世知辛い世の中をなんとか生きているその日暮らしのアリエッティ平岡。

---

ニート長井に対し、平岡が率直な質問をする。
「何故働かない」

それに対してニート長井はいかにもニートっぽい回答を返す。
「何故働かないって、そりゃ僕が悪いんじゃない。つまり世の中が悪いのだ。」

ただしこのニート発言には長井なりの思惑がある。
彼はただのニートではなく、少々思想家的な一面も持つニートなのだ。

長井いわく、彼らが生きる時代の日本は欧米列強に仲間入りしようするばかり、表面的に広がる一方で奥行きを失っている。
その結果、各個人に影響を及ぼし皆ろくな仕事ができない。さらに精神の困憊、身体の衰弱に伴い不幸を呼んでいる。のみならず道徳の敗退も同様におきている。

つまりはみんな忙しすぎて本質的なものを失っている。発展と見えて本質的には衰退なのではないかと。

ニートとしてはなかなか鋭い視点を持つ長井は、かといって志の熱い活動家ではない。
そんな世の中に対して自分が個人として頑張ってもなんもいいことない。だからボケーっと毎日を過ごしているタイプの人間なのだ。

それに対しMr.正論、平岡君のご意見はというと、
「日本の貧乏や世間の堕落がどうこうという意見は、生活に余裕のある者の意見であって、余裕のない者にとってはそんなことを考えている暇などない。目の前にある職業にありつき、なんとか生活を維持することが第一である」
といった具合。

このように一般人代表みたいな意見を提示した平岡君に対し、金持ちニート長井はこう語る。

「働くのもいいが、働くなら、生活以上の働きでなくっちゃ名誉にならない。あらゆる神聖な労働は、みんなパンを離れている」

言わんとしていることは、「生活するための仕事」っていう仕事では誠実さに欠ける。
つまり「生活するため」というのが理由として先に立つ時点でその仕事は名誉でもなんでもない。偉そうに俺はちゃんと働いてるとか言ってんな、辞めちまえ!とういうこと。

この名言に対し、平岡君は疑問の嵐に襲われる。
「食うために仕事してなにが悪いの?」と。仰る通りです。

この二人の意見は交わることはないでしょう。
議論の最後にニート長井は、下記の名言を残します。

「生活に不自由しない人がもの好きでやる働きでなきゃ真面目な仕事ができない。」

---

上記のやりとりは、今から100年以上も前に書かれているわりに、非常に新鮮で現代的だと感じました。
現代の日本でも同じ会話がどこかの居酒屋で行われていることでしょう。

仕事に対する「理想」と「現実」が一致しないのは今に始まったことではないのです。

二人の違った意見はどちらも的を得ているように思えます。
これはどちらの意見が正しいとか間違っているといったものではなくむしろ、好みやスタンスの差ではないでしょうか。
さらにどちらのタイプの人間も、社会にはバランスよく存在する必要があると思います。

ちなみに私はニート長井の思考を好みます。仕事には理想を追求したいタイプですね。または単純にニート気質なのか。

現代、インターネットの普及やグローバル化による競争の激化、人工知能による労働力の台頭により、我々現代人に求められる仕事は従来の「労働」や「作業」といったものではなく、より「クリエイティブ」なものへの変化が加速しています。
より「価値」を生み出す仕事ですね。求められるだけでなく、みんな自分自身で求めている気もします。

あるモチベーションの研究結果によると、「金銭的」な動機付けよりも「感情的に満たされる別のなにか」が動機となる方が結果として優れた成果物を生むそうです。
これは、まさに「それから」でニート長井、いや、進化形ニート長井がいうところの「もの好きでやる働き」というものでしょう。

時代が変われど「名著」と称される作品は、どの時代にも一貫した「本質」をついているから名著なのでしょうか。
または夏目漱石は未来の国からはるばると来たおっさん型ロボットなのでしょうか。

もしこちらの記事を読んでくださっている方々のなかに現代社会の労働環境に対し疑問や不満、ストレスがたまり爆発しそうな方がいらっしゃいましたら、是非「それから」を読んでこれからを考えましょう。

もしくはニートの方がいましたら、まずは就職先を見つけて働きましょう。考えるのはそれからでも遅くはありません。

ちなみに、この小説でニート長井が恋をした人妻というのは平岡君の妻です。
不届き千万ですね。