非専門家であればこれくらい知ってればOK!というレベルで、わかりやすく解説いたします。

尚、用語自体の専門的な解説をしている記事は他に無数にあるので、この記事ではウェブ制作の現場で使われた際の用途を主に解説します。
ですので、専門用語としての本来の意味とはズレている場合もございます。

読み方は「FTP(エフティーピー)」

「エフティーピー」です。が、多分「エフテーピー」でもOKです。通じます。
ただ、私はこれまで「エフテーピー」と言っている人には会ったことがありません。

「エフテーピー」派の人種は、「デーブイデー(DVD)」派のそれより希少な存在でしょう。

簡単に言えば、ログイン情報

「FTP情報ください」
この一言で初めて「FTP」というものに出会った方も多いことでしょう。

この場合の「FTP情報」というのは、サーバーへのログイン情報です。

FacebookやTwitterなどのSNSを利用する際に、まず最初の最初はサイトにアクセスして「ユーザーID/メールアドレス」と「パスワード」を入力しますよね。
FTP情報というのも平たく言うとこれと同じです。

「FTP情報」に含まれるものは一般的に、以下3点です。

  • サーバー
  • ユーザーID/アカウント
  • パスワード

専用のソフトに上記の情報を入力することで、サイト(ホームページ)を公開しているサーバーにアクセスできます。

サーバーとは、SNSのマイページのようなもの

サーバーそのものの定義はまた別の機会に解説いたします。
ここでは、SNSのマイページ(管理画面)と認識してください。

IDとパスワードを入力して、管理画面に入ります。

そこでは、テキストやら写真の投稿を行うことができます。
過去に投稿したものでも、後から編集/変更を加えることも可能です。

基本的には、ホームページもこれと同じです。

FTPで、サーバー(SNSで言うマイページ)にログインし、テキストや画像の公開や編集を行います。
Web制作者等の専門家は、ここでサイトのデザインをいじくったりなんかもします。

ちなみに、FTPでサーバーにアクセスした際、実際はSNSのマイページのような画面があるわけではありません。
Windowsで言うと「エクスプローラー」、Macで言うと「Finder」のような画面があります。つまり、ファイル一覧です。

サイトの変更時、専門家はそのファイルを開き、変更を加えます。
ソースコードと言うやつで、わけのわからぬ呪文が永遠と書かれているやつです。素人が見ると吐き気を催すやつです。

FTPはホームページを制作、変更するために必要

と言うことで、FTPはサイト制作/変更にあたり必須の情報となります。

「で、どこにそれ載ってんの?」に関しては、大抵は以下の方法で解決可能です。

  • レンタルサーバー契約時のメールに記載されている
  • サーバー管理画面にログインして「FTP情報」を確認
  • 社内の技術者(Web担当者)に聞く、制作会社に聞く

上記のいずれでも不明の場合はお手上げなので、サーバー会社に問い合わせをする他ありません。

まとめ

FTPは「ログイン情報」読み方は「エフテーピー」、以上!